信州牛乳パンまとめ: モンドウル田村屋の牛乳パンのクリーム(概念打破の問題作)

2018年5月20日

モンドウル田村屋の牛乳パンのクリーム(概念打破の問題作)

これもツルヤでの出会いですけども、ポッポ牛乳パンで軽く驚いたあとのストレートパンチ、牛乳パンを求め歩いて初めての衝撃でした。

ま、とにかく見たらわかる、これすごいやっちゃ。

中身だけってさあ、もうなんかさあ
中身だけ、ってさあ、ずるいよねえ。
あの牛乳パンの形といい、パッケージといい、そういうの吹っ飛ばしてこっちに全てを丸投げですもん。問いかけられてますよ「あなたはどうやって食べるの?」って。

まあ問いかけられても何かをしてみようという発想も暇もないし、ということで身近にあるパンをキャリアにして味わってみました。

で、ひとまず食パン

マイルドな牛乳パンな味わい
6枚ぎりでクリームどっさり目にすると本物に近い感じ

野営食料の余りのマフインでちょっとこってりめに

わりかしいけたけど午前中いっぱい満腹感
なに喰っても牛乳パン的味わいになります。工夫できる人ならパンケーキとかに乗っけるのかな、うちで喰う習慣ないけど。

とかいってる間に意外に好評で随分と早く減ってきちゃって、縁あって再度信州入りした時にまた買い足しちゃったりなんたりして(広川風)。

あまつさえふたっつ。

消費ペースに配慮して期限をずらして買うなど

で、安心して違うキャリアで楽しんじゃったりなんたりして(広川風)。

我が家で食べるパンとしては最高位に属する
神戸屋のカンパーニュ様に塗りたくるなど
恐れ多いかも
一緒に持ち帰ってきたササザワの牛乳パンを解体してクリーム増量するなど、作り手に対してあまりにも恐れ多すぎる所業
でも、リッチになった、濃いコーヒー欲しい
あ、お昼はそうめんでいいです
ちなみに私が買ってくる牛乳パンのほとんどを賞味する専任者はこのクリームには手をつけず。信州で作り出された牛乳パンに対するこだわりなのか、そのうちヒヤリングする予定。

でだ、ここまでやってみてふと、ひよっとしてこれってただのバタークリームだよなあ、と。

作り手に対して色々恐れ入っちゃうことしてますけども、バタークリームさえあればなんでも牛乳パン的になっちゃうのでは、という新たな気づきが生まれてしまいました。

答えは今回買ってきたふたパックを使い切った時のはず。