信州牛乳パンまとめ: セブンイレブンの牛乳パン(いよいよ全国展開か)

2018年1月21日

セブンイレブンの牛乳パン(いよいよ全国展開か)

うちからいちばん近いセブンイレブンでめっけちゃいました。びっくりだ。

ローソンとかファミマで牛乳パンって名乗ったり、それっぽいヤツをよく見かけるようになってきたけど、セブンイレブンです。それも我が家の最寄りで。

ちょっと違う感もしなくはないけどね。

いままで信州企画モノ的なヤツはあったけどセブンイレブンのレギュラーっぽい感じでふつうに他のパンと並んでいるのをみて迷わず購入。しかも二つ。

で、うち帰ったらすでに一つ在庫されてました。当家奥様がすでに別のセブンイレブンで買っていたのでした。合計三個。どうすんのこれ。

とはいえ翌朝起きた時点で元喰い盛りの牛乳パン専任者が一つ味わった後で、残りのふたっつを残った家族が二日に分けていただきました。

割れる方向が違うのはPASCOとの差別化でしょうか?
本場の牛乳パンを対角線で切った半分サイズくらい
バタークリームなので少量でこってりと存在感出してます
作っているのは埼玉県内の業者さん、牛乳パンと縁のある土地柄ではないですがセブンイレブンはなんらかの展開を始めるのでしょうか。

少なくとも、こないだの週末にオレんちあたりのセブンイレブンで売れた牛乳パンの中の3個はマーケ的にはどの層にも属さない、除外データとしたほうがいい3個、ということだけ書き残して置きます。

POSのデータだけじゃこんなことわかんないだろうから、セブンイレブンの中にいるマーケの人に伝わるといいなあ。無理か。